10年経っても「日々成長」
瀬谷 祥広 Yoshihiro Seya
設計部 リーダー
入社年:2006年入社 趣味:料理
仕事で心に残っているエピソードを教えてください。
大学を卒業してクロスファクトリーに入社して、もう10年以上になりました。 設計に携わった物件も100件以上になりました。 設計を進めていく時の苦労、設計が完了した時の達成感、建物が完成した時の感動が、それぞれの物件に対してあります。 その中でも、入社3年目に設計を担当した物件が最も印象に残っています。 当時、私はまだ経験も浅く、自ら設計を担当した物件も数えるほどしかありませんでした。 そんな時に上司から任せられた仕事は、当時の私にとっては非常に難易度の高い物件でした。お客様の要望も高く、納期も迫り、スケジュール通りに設計は進まず、投げ出したくなっていた時、上司や同期が声を掛け合い、困っていた私にアドバイスをくれ、手伝ってくれました。その甲斐あり、無事に納期にも間に合い、設計を終えることができ、お客様の信頼を得ることができました。 今では社内の後輩も多くなり、後輩の指導にあたることも増えました。指導と言っても、偉そうなものではありません。アドバイスを与え、どうしたらお客様に満足していただけるか、どうしたら効率よく仕事をこなせるか、一緒に考え、時には後輩から教わることもたくさんあります。 10年経った今でも、まだまだ経験・知識不足でお客様に迷惑を掛けてしまうことが多々ありますが、日々成長させていただいています。
なぜクロスファクトリーで働くことを選んだのですか?
正直なところ、私は学生時代、構造設計というものにまったく興味はありませんでした。就職活動中、いろんな建築関係の会社を見ていく中で、雰囲気と感覚で選びました。
クロスファクトリーはどんな会社ですか?
居心地の良い会社です。 入社する前に感じた雰囲気と感覚に間違いはありませんでした。
仕事をする上で大切にしていることや、こだわりを教えてください。
「構造設計」と言えば地味な仕事、誰がやっても同じ仕事と思われがちですが、設計者が100人いれば100通りの建物ができます。お客様も100人いれば100通りの要望があるため、私はどれだけお客様の要望に沿った設計を行えるか、そしてお客様の信頼をどれだけ得られるかということを常に心がけて仕事に取り組んでいます。
学生へのメッセージをお願いします。
就職活動はこれから先、必ず貴重な経験になります。様々な会社を見て、本当の自分と向き合ってみてください。 そして、少しでもクロスファクトリーに興味を持った方、構造設計に興味がある方は、ぜひ一度クロスファクトリーに足を運んで、肌でクロスファクトリーの雰囲気を感じ取ってみてください。

SCHEDULE 一日のスケジュール

8:00 業務開始
会議のある日は少し早めに出勤。 メールのチェック、スケジュールの確認。
9:30 チーム会議・社内会議
チームでのスケジュールの確認・調整、社内での情報共有など。
10:30 設計業務
設計、現場質疑対応など。
11:50 ランチタイム
午後の業務に備えてしっかり栄養補給。
12:50 設計業務
設計、現場質疑対応など。
18:30 業務終了